1. Top
  2. » 重症筋無力症と日常生活
  3. » 特定疾患医療受給者証の手続きは毎年必要なのか

特定疾患医療受給者証の手続きは毎年必要なのか

今回は、特定疾患医療受給者証の更新手続きについて投稿したいと思います。
先日、特定疾患医療受給者証の更新に出掛けました。想像以上に人が多かったので驚きました。私と同年代の30代の方はほとんど見られれず、年配の方が目立ちました。
必要な書類を提出し、手続きに臨みました。手続きが始まると、同意書を書いて欲しいと職員が言い始めました。今回、私は同意書は書いていません。というのは、保健所から来た更新手続きの案内書によると、今回は同意書が必要な患者に該当しないからです。
何度も読んだので間違いありません。
私は保健所から郵送された更新手続きの案内書を見せて、自分が同意書の提出には該当しない患者であることを数回説明したのですが、なぜか、同意書を書くように促されました。
理由を聞いても、何を言っているのかわかりませんでした。
結局、同意書を提出しました。
この理由の説明に納得したわけではありません。前年は提出したので、前年と同様で済まそうと思ったからです。
何が言いたいかというと、保健所からの案内書に従って同意書を書かなかったのに、更新手続きの窓口では同意書を書けと言われたということです。
つまり、案内書と手続きの応対をする職員の言うことが違うということです。
それを指摘した私に対して、応対した職員は謝罪の言葉を述べていましたが、典型的なお役所仕事という姿勢がみえて、不快な気分で手続きをしました。
ちょっとしたトラブルはありましたが、今年も特定疾患医療受給者証の更新手続きはなんとか終わらすことができました。
素朴な疑問ですが、特定疾患は難病と言われているのにもかかわらず、なぜ毎年、更新申請手続きをする必要があるのかと思います。筋無力症の場合、症状が安定している時もあれば、ストレスなどで症状が悪くなったりするものです。私は発病してから6年間、この状態を繰り返しています。寛解と診断される方もおられるようですが、簡単ではないようです。
最新記事
月別アーカイブ

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ記事を検索
カテゴリ
タグ

易疲労性 脱力 胸腺 プレドニン 悪化 眼瞼下垂 副作用 睡眠 就労 神経内科 プログラフ 特定疾患医療受給者証 入院 呼吸 むせ 嚥下 友の会 マイテラーゼ 息苦しい マスク 禁忌 メスチノン ボナロン インフルエンザ 臨床調査個人票 飲酒 咀嚼 サングラス 難病相談支援センター 風邪 夕方 運転 喫煙 唾液 ハンドスピナー アセチルコリン サプリメント クラッチグラス ロキソニン 論文 テンシロンテスト 日内変動 甲状腺 合併症 障害年金 過形成 クリーゼ QMGスコア 不眠 

リンク
ブログランキング
にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ

人気ブログランキングへ
ブログランキング
プロフィール

MGブロガー

  • Author:MGブロガー
  • 29才の時、重症筋無力症と診断されました。