1. Top
  2. » 重症筋無力症と日常生活
  3. » 不安や疑問への5つの対処法

不安や疑問への5つの対処法

胸腺の摘出手術をするに当たって、漠然とした不安や疑問を感じるのが自然なことではないでしょうか。
今回は当時を思い出しながら、自分が行なった、それらへの対処法を5つ程挙げてみたいと思います。
  1. 主治医に聞く

  2. 当たり前ですが、わからないことは聞くべきです。
    始めは聞き慣れない言葉が多いですが、やはりわからないことは聞くべきです。

  3. 本で調べる

  4. 私の地域の書店にでは重症筋無力症についての本を見つけることができませんでした。図書館にはあったのですが、数が少なく、古い本で、基本的なことを知る程度だったと記憶しています。

  5. インターネットで調べる

  6. インターネットで調べると実にたくさんの情報があります。当時、パソコンなど持っていなかったので、携帯電話でウェブを閲覧したり、インターネットカフェに行って調べていました。一人ではたいへんなので、家族や友人にも調べてもらいました。主に検索サイトを利用して調べるのですが、重症筋無力症に関連する言葉も知っておく必要があり、そういう点から見ると、先に述べた、わからなくても医師に質問したり、数少ない本で調べることも無駄ではないと思います。
    検索サイトの入力窓に、わからない言葉を入力して調べるという作業がメインだったので、問答や書物でわからない言葉は放っておくのではなく、わからなくてもメモをしておくことが重要だと思います。
    インターネットでは、個人サイトから団体サイト、またはそれ以外のサイトを閲覧をすることができるので、信憑性の印象度合いも様々でした。

  7. 自分に似た境遇の人の情報に触れる

  8. 重症筋無力症友の会のサイトの閲覧で手術についての情報に触れることができます。自分に似た境遇の方の書き込みが閲覧できるのでとても助かりました。
    また、友の会の集まりに参加するという方法もあります。私は、手術前に参加することはできなかったのですが、機会がある方には参考になるかと思います。
    入院してからは、同じ部屋で知りあった方に聞けることを聞いたりもしました。病名こそ違いましたが、参考になる話もしてくれました。

  9. 看護師に聞く

  10. 私は入院してから手術日まで二週間程時間があったので、病棟の看護師さんに質問をすることもありました。先ほど医師にわからないことは聞くべきだと述べましたが、実際はいろんな兼ね合いで質問するのが難しいと感じることがありました。それを回避する意味でも、看護師さんに質問してみるのも方法だと思います。

  • まとめ

  • 手術の同意書にサインするまでの間は、主治医や看護師などへの質問と、図書館やインターネットでわからないこと調べる、という作業を繰り返していたと思います。当時は何がわからないのかがわからなかったので、聞く、調べるを繰り返していました。大事な話題なので慎重になりましたし、それぞれの立場の人達に質問する時は、相手や周りの方への配慮も意識していました。

    不安や疑問への対処は、手術だけでなく、これから先、この病気とうまく付き合う為にも必要な事ではないかと思います。
    今回は、それらにどう対処したかを思い出しながら、文章にしてみました。
    参考になれば幸いです。
最新記事
月別アーカイブ

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ記事を検索
カテゴリ
タグ

易疲労性 脱力 胸腺 プレドニン 悪化 眼瞼下垂 副作用 睡眠 就労 神経内科 プログラフ 特定疾患医療受給者証 入院 呼吸 むせ 嚥下 友の会 マイテラーゼ 息苦しい マスク 禁忌 メスチノン ボナロン インフルエンザ 臨床調査個人票 飲酒 咀嚼 サングラス 難病相談支援センター 風邪 夕方 運転 喫煙 唾液 ハンドスピナー アセチルコリン サプリメント クラッチグラス ロキソニン 論文 テンシロンテスト 日内変動 甲状腺 合併症 障害年金 過形成 クリーゼ QMGスコア 不眠 

リンク
ブログランキング
にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ

人気ブログランキングへ
ブログランキング
プロフィール

MGブロガー

  • Author:MGブロガー
  • 29才の時、重症筋無力症と診断されました。