1. Top
  2. » マスク

風邪をひかない為の工夫

風邪をひくことで重症筋無力症が悪化する場合があるのは皆さんご存知だと思います。
風邪をひかないために、首を冷やさないことと、清潔に気をつけています。春、秋、冬はアクリルかウールのネックウォーマー、夏はタオルを首に巻いています。こうすることで体が冷えにくくなり、鼻炎や鼻づまりにもなりにくくなり、体調が良いような気がします。
また冬の時期は、鼻や喉の乾燥を避ける為にマスクをして寝ています。
外出して帰宅したらすぐに、手洗い、うがい、洗顔をします。
スポンサーサイト



他の病気にも気をつける

最近は環境問題が注目されています。
環境破壊や地球温暖化による生態系の変化に伴い、一時期は抑えられていた感染症が再び増加したり、新しい感染症が発見されたりなどの話題を耳にします。
私はプレドニンやプログラフを飲んでいるので、感染症に気をつけなければならないと思い、感染症予防対策として、手洗いやうがいをする、人の多い場所には近づかない、外出時はマスクをする、身の回りの清潔を心がける、などの方法を採っています。

手術後の呼吸や胸部の感覚

胸腺摘出術の直後は、しばらくの間、酸素マスクを付けて呼吸をしていました。
その後、鼻カニューレになり、最終的には何も付けずに呼吸ができるようになりました。
胸骨にワイヤーが入っているせいか、重症筋無力症の症状のせいかわかりませんが、未だに呼吸のしにくさを感じるので、受診の際に、肺活量を計ってもらっています。
胸骨がくっついていない時は当然痛みますが、主な痛みは咳やくしゃみ、寝返りや起居動作が主で痛みが起こります。手術後しばらくはあまりの痛みに、座って睡眠をとっていました。
体に炎症反応が起きるので、熱感もあります。実際に38度の熱が出ました。
痛みは骨がくっついても続きます。退院で帰宅の途に就く時には、車の揺れだけでも胸部に痛みがありました。
また、自転車でハンドルを持つ手に体重がかかると胸骨の真中部分に刺すような痛みが出てきました。筋肉の動きが胸部に影響して痛みが発生するのでしょう。
胸骨がくっつくまでの2~3ヶ月は強めの痛みが続きました。その後はたまの弱い痛みと胸部の違和感です。
そして、見た目についてですが、私の場合は、鎖骨が見当たらなくなったことです。胸腺摘出手術を受けるまでは、鎖骨がアーチ型に見えていたのですが、術後気が付くと鎖骨部分が真っ平らになり、見当たらなくなってしまいました。検索エンジンで拡大胸腺摘出手術を受けた方の写真を見ることが出来ますが、皆どことなく似たような胸部になっている気がします。胸腺摘出手術による胸部の体型変化が起こることは避けられないと思います。
タグ

易疲労性 脱力 胸腺 プレドニン 悪化 眼瞼下垂 副作用 睡眠 就労 神経内科 プログラフ 特定疾患医療受給者証 入院 呼吸 むせ 嚥下 友の会 マイテラーゼ 息苦しい マスク 禁忌 メスチノン ボナロン インフルエンザ 臨床調査個人票 飲酒 咀嚼 サングラス 難病相談支援センター 風邪 夕方 運転 喫煙 唾液 ハンドスピナー アセチルコリン サプリメント クラッチグラス ロキソニン 論文 テンシロンテスト 日内変動 甲状腺 合併症 障害年金 過形成 クリーゼ QMGスコア 不眠 

Blogger
Yahoo!知恵袋 - 「重症筋無力症」の検索結果(更新日時の新しい順)
Amazon.co.jp: おもちゃ > おもちゃ雑貨・手品 > ハンドスピナー
最新記事
月別アーカイブ

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ記事を検索
カテゴリ
リンク
ブログランキング
にほんブログ村 病気ブログ 重症筋無力症へ

人気ブログランキングへ
ブログランキング
プロフィール

MGブロガー

  • Author:MGブロガー
  • 29才の時、重症筋無力症と診断されました。